債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理や過払い金返還請求は弁護士?司法書士?

借金の返済が厳しいので債務整理をしたい、その手続きの中で過払い金の発生していることが分かれば、その返還請求を債権者側に行うことが可能です。この時弁護士や司法書士のような法律の専門家を代理人として、債権者側と交渉するのが一般的です。ところで弁護士と司法書士に依頼することで、何か違いがあるのでしょうか?多額の過払い金請求になる場合、弁護士に依頼した方が良いと思います。

司法書士の場合、簡易裁判所では訴訟代理権があります。しかし地方裁判所では訴訟代理権を持っていません。よって裁判所に訴訟を起こすとか、和解交渉を司法書士が代理人として行えないのです。債務者当人が交渉しないといけなくなります。簡易裁判所で取り扱うことのできる金額ですが、1社当たりの過払い金が140万円以下の場合です。これを超える過払い金の発生していることが分かれば、弁護士に依頼した方が安心です。

ただし少額の過払い金の場合でも、弁護士が必要なケースもあります。例えば和解ができず裁判に発展して、判決が出たとします。しかしこの判決に債権者側が不服を訴えて控訴することも十分考えられます。この場合、控訴審は金額の多少に関係なく地方裁判所で審理されます。となると過払い金が140万円以下でも弁護士に依頼しないといけない事態もなくはありません。

弁護士の場合2万円程度の着手金が発生しますが、司法書士の場合着手金なしとしている所が多いです。また過払い金の回収額の20~25%を報酬として弁護士は受け取るのに対し、司法書士は20%前後が相場のようです。費用を考えると、司法書士の方が弁護士よりも低めに設定されています。もし過払い金返還請求で妥協したくない、和解に応じてくれないのなら訴訟もやむなしと思っているのなら、弁護士にいきなり相談した方が良いと思います。もし過払い金が少ないから司法書士でいいかと思って酵素されてしまって、弁護士に再依頼をすれば、費用もかさんでしまうからです。