債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の個人再生はどんな手続きになるの?

個人再生による債務整理を希望しているのであれば、まずは申し立てをしないといけません。申し立てる先ですが、皆さんの暮らしている所を管轄している地方裁判所になります。この時申立書類の他にも、いろいろな書類を添付して提出する必要があります。しかし、弁護士に代理人を依頼すれば、代行で書類を準備してくれると思います。申し立てが受理されると、個人再生委員が選任されます。ただしこれは地方裁判所によってまちまちで、弁護士を代理人としている場合、選任の必要のないケースも出てきます。

ここまで準備ができると、個人再生の手続きが開始されます。その中で個人再生委員が選任されている場合、なぜ借金をすることになったのか、現在の収入状況、返済を将来にわたって続けられるかなどを面談で質問されます。ちなみに手続きが開始された段階で、官報に掲載されます。債権者側に返済をする義務がなくなり、自分の財産を裁判所の許可なく処分もできなくなります。

ヒアリングを行った後で、債務の総額、収入や所有している資産が明確になったところで、再生計画案を作成します。一般的には向こう3年間で返済できるような計画案を作成します。もしこの計画案に問題がないと裁判所が判断すれば、再生計画案に基づき今後の返済をしていく形になります。もし裁判所の認めた再生計画案に不満を感じる債権者がいれば、即時抗告期間の中で不服申し立てができます。しかし、不服申し立てをする債権者はまずいないと思います。

代替申し立てから再生計画案の認可が下りるまで、半年くらいかかるのが一般的です。自分で手続きを進めることも可能ですが、書類が多いのと専門的な知識も必要なので実質上不可能だと思うべきです。やはり弁護士のような専門家にお願いした方が、スムーズに許可が下りると思います。書類の作成も代行してもらえるので、自分でやるべきことがかなり軽減されます。まずは弁護士に債務整理のことについて、相談する所から始めましょう。