債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

自己破産で債務整理した場合の住宅ローンは?

自己破産で債務整理しようと思っている人の中には、マイホームを購入して現時点で住宅ローンの返済の真っただ中という人もいるはずです。マイホームの場合、ほとんどのケースで20万円以上の価値があると思いますので、処分の対象になるでしょう。自己破産をすれば、借金をチャラにして人生をリセットできる半面、せっかく購入したマイホームは手放すことになると覚悟しておいてください。

では自己破産の手続きの場合、マイホームの取り扱いはどうなるのでしょうか?債権者に配当すべき財産があると判断されるので、管財事件として手続きは進められます。破産管財人が選任され、皆さんのマイホームは売却配当で処理されます。ただしここで問題になるのは、オーバーローン状態になっている場合です。中には住宅ローンの残債がその時点における不動産の価値よりも大きなケースもあります。その場合、資産として見なされないことがあります。一つの目安になるのは、住宅ローンの残債が不動産の価値の1.5倍以上になっている場合です。もしマイホーム以外に何か価値のある資産を持っていないのなら、同時廃止によって自己破産手続きが進められることもあります。

もし資産として扱われない場合、住宅ローンは債務整理の対象から外されます。住宅ローンの借入をしたときに、融資してもらった金融機関もしくは保証会社が抵当権を設定していると思います。この抵当権ですが、破産手続きとは関係なくいつでも行使する権利があります。おそらくオーバーローンになって同時廃止が決定した時点で、金融機関や保証会社は抵当権を行使すると思います。そうなれば住宅は差し押さえられてしまって、皆さんの手元から離れ、競売で他の誰かに売却されることになるでしょう。

どのようなケースでも、マイホームは自己破産をすれば、手放さないといけません。その点も含めて、マイホームを残す債務整理ができないか、弁護士や司法書士に相談することです。