債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

自己破産で債務整理・弁護士費用はいくらぐらい?

自己破産をする時に弁護士に依頼する人も多いと思います。この場合、弁護士費用も負担しなければなりません。普段から弁護士とお付き合いのある人はそう多くないと思います。ですから、弁護士費用がどのくらいかかるのかピンと来ないから不安、という人もいるでしょう。弁護士事務所によってピンキリですから一概にいくらとは言えませんが、大体の目安は以下のような感じになると思ってください。

弁護士の中には、着手金と言って初期費用を支払う必要のあるところも見られます。着手金として20万円前後というのが相場になってくるでしょう。そして手続きをお願いして、免責決定が下りれば、皆さんは借金から解放されます。この時に報酬を支払うことになります。着手金を含めて弁護士に依頼した場合の費用の相場ですが、安くて30万円、高くて50万円くらいだと思いましょう。

自己破産の手続きを司法書士にお願いする方法もあります。司法書士の場合、弁護士と比較すると若干料金は安く設定されています。だいたい20万円から30万円といったところが相場と言います。こうしてみると、司法書士に依頼した方が安上がりだからいいと思う人もいるかもしれません。しかし弁護士にあって司法書士にないものとして、代理権があります。

弁護士の場合、破産申し立ての書類作成代行から、裁判所における手続きまですべて任せることができます。債務者が裁判所に出廷することはほとんどありません。しかし司法書士の場合、代理権がありません。このため申立書の作成の代行はできますが、実際に裁判所に行って申し立てをするのは債務者当人となります。裁判所から出廷を求められたらすべてに出ないといけないので、出廷する頻度は弁護士に依頼したときよりも多くなります。通常平日の日中に出廷を求められるので、仕事をしている人にとってはかなりスケジュール的に大変でしょう。そう考えると、弁護士に自己破産手続きは依頼した方が良いと思います。