債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理・自己破産で免責が認められない?

自己破産は、多重債務などでどうやっても借金の返済ができなくなった人のために免責制度という債務をチャラにできる制度です。このため、究極の債務整理とされ、債務者を救済する最後の砦としてしばしば紹介されます。しかし中には、自己破産申請をしても、免責不許可になってしまうことがあります。この場合、借金は今までどおり残ってしまいます。どのようなケースで免責不許可になるかですが、いくつかのパターンが想定できます。

その中でも、悪質な行為が債務者によって行われていることが判明すれば、不許可になる可能性が高いです。例えば本来であれば債権者に処分すべき財産を隠したとか、ローンで購入した商品を勝手に売却してしまった、債権者を隠してその人には隠れて借金の返済をしていたといったことです。その他にはすでに破産状態に陥っていてお金を返すことができないのに「必ず返すから」といって借金を重ねているケースも、免責不許可事由に該当する可能性があります。一種の詐欺だからです。

免責不許可事由の中でも、多くの人が当てはまる可能性の高いのがギャンブルや浪費、投機行為で多額の借金を背負ったという項目だと思います。けっこう自己破産せざるを得なくなる人の中でギャンブルやキャバクラ、高級ブランド品などのショッピングで借金を重ねてしまうケースは多いようです。ショッピングやギャンブルは誰でも行うことで、そのこと自体は非難されるべき話ではないです。でも借金するまで行ってしまうとやはり問題です。

自己破産の手続きですが、複数回同一人物が行うことは認められています。ただし前の自己破産をしてから7年経過していない所で、また破産申請をしても免責は認められない可能性が高いと思います。このように自己破産申請をすれば、どのようなケースでも免責が認められるわけではないです。もし自己破産をしても借金がチャラにできるかどうか不安というのであれば、弁護士などに相談をして、専門家のアドバイスを受けた方が良いと思います。