債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

ギャンブルでは自己破産による債務整理はできない?

自己破産による債務整理を検討している場合、免責不許可事由について頭に入れておいた方が良いと思います。その中でもギャンブルや浪費によって多額の借金を背負った場合には免責不許可になると書かれています。ギャンブルや遊興費で借金を重ね、自己破産しようと思っている人には頭の痛い問題かもしれません。しかし実は、ギャンブルや遊興費で借金を作り返済不能になった場合でも、自己破産による免責決定の下りる可能性はあります。

なぜなのか、それは破産法の中に免責不許可事由の他に裁量免責という規定も書かれているからです。実は破産法では、自己破産手続きを行っている裁判官の自由裁量により、免責を許可するかどうか判断できると記載されています。しかも先ほど紹介した免責不許可事由に該当する理由で自己破産をする場合でも、裁判官の判断で許可してもいいことになっているのです。ではギャンブルや遊興費で借金した場合でも、免責が認められるにはどうすればいいのでしょうか?

簡単に言えば、破産に至る経緯でやむを得ない事情があるとか、経済的な更生をするための努力をしていると裁判官が認めた場合です。例えば破産の直前まで何とかして借金の返済をしようとした痕跡があるとか、今はギャンブルや浪費生活を反省し、まじめな生活を送っているかどうかなどが判断基準となります。その他にも、破産手続きがスムーズに進められるように、裁判所に対して協力的な態度を示しているかどうかも判断材料となります。

実際過去の事例を見てみると、ギャンブルや浪費が原因で借金を抱えた場合でも自己破産による免責が認められているケースも数多くあります。ただし裁判官や破産管財人の心証が許可になるかどうかの大きなポイントになります。きちんと過去の自分の習慣を反省して、生活立て直しの努力をしていること、それをアピールすることが重要です。弁護士などの専門家と相談をして、どのように弁明するか検討した方が良いと思います。