債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の過払い金請求の流れを紹介

現在抱えている借金をもはや自力で返済できないというのであれば、債務整理で無理のない返済計画を立て直すことも検討した方が良いと思います。弁護士や司法書士に相談すると、債務整理の手続きを進めてくれます。債務整理にはいくつかの方法があって、それぞれの置かれている状況に応じて、ベストの返済方法が違ってきます。どの方法が皆さんにとってベストなのか、やはり弁護士や司法書士のような専門家に相談するのが無難でしょう。

弁護士や司法書士に相談すると、まず利息の引き直し計算が実施されます。貸金業者の中には、一時期利息制限法を超える不法な金利で利息の取り立てを行っている所が多かったです。もし利息制限法を超えて利息の支払いを今まで行ってきたのであれば、それは過払い金といって返還請求ができます。

過払い金請求の流れですが、弁護士事務所などから内容証明の郵便で催促をします。「そのようなはがきを受け取っていない」といわれないようにするためです。返還請求をすると、通常相手の貸金業者から交渉を持ちかけられます。この時たいていの場合で、全額ではなく減額をしてくれないかという交渉がなされます。「請求額を半額にしてくれれば、今日中に支払ってもいい」といった感じです。できるだけ早く過払い金を回収したければ、多少の減額をされても和解する方法もあります。

しかし、どうしても全額返還してもらいたいとか、相手の提示した金額があまりに少なすぎるというのであれば、訴訟を起こすこともあります。全額の過払い金を返してもらうように求めれば、貸金業者もかなり抵抗する可能性があります。そうなると、過払い金を返還してもらえるまでそれなりの時間を覚悟しないといけません。1年以上の裁判期間を要することもざらにあります。早く問題を解決するためには多少金額は減らされてもいい、時間がかかっても妥協したくないなど、人によって過払い金回収の考え方にも違いがあると思います。弁護士と相談して、戦略を決めましょう。