債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の時によく聞く過払い金とは?

債務整理の話をする時にしばしば紹介されるのが、過払い金の返還請求です。過払い金とは、余計に支払いすぎてしまった利息のことです。金利に関しては利息制限法という法律で上限利率が設定されています。借入額に応じて、年利15~20%を上限金利とするという法律です。もしこの利息制限法を超える金利で利息の支払いをしていた場合、上限金利を超える部分は無効、すなわち過払い金となるわけです。

どうして過払い金が発生するかというと、少し前までの金利の規定のややこしさにありました。実は利息制限法の他にも、出資法と呼ばれる規定もあります。こちらは年利29.2%を超えて利息の取り立てを行ってはいけないという法律です。そしてこの出資法には罰則規定がありましたが、利息制限法には罰則規定がありませんでした。このため、利息制限法を超え、出資法の範囲内で金利設定している貸金業者が多かったです。これをグレーゾーン金利といいました。今テレビコマーシャルで大々的に宣伝している有名な消費者金融でも、このグレーゾーン金利を適用していました。

債務整理の流れですが、弁護士や司法書士に依頼すると、利息の引き直し計算が行われます。この中で利息制限法に基づく利息額を算出して、過払い金が発生していないかどうか確認をします。もし過払い金が発生していれば、それを返還するように求められます。

借金が残っている場合には、過払い金は元金の返済に充てられます。このため、場合によっては大幅に利息を返済に充てることで借金を減額できる可能性も考えられます。中には過払い金だけで借金を完済できた、さらにはそれでもおつりが来て、自分の手元に過払い金が戻ってきたというケースもあります。大手の消費者金融でも29%くらいの出資法ギリギリの利率設定にしていたところも結構見られました。中には過払い金が100万円単位で発生している事例も珍しくありません。前に借金をして、返済が長期にわたっている場合には、一度弁護士に引き直し計算を依頼した方が良いと思います。