債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

離婚後に自己破産で債務整理・慰謝料はどうなる?

夫婦が離婚する場合、慰謝料が発生することがあります。例えば離婚する原因が、一方の不貞行為だった場合、慰謝料を支払う必要がほぼあると思います。ところがこの慰謝料の支払い義務のある人が金銭的に困窮して、自己破産による債務整理を行ったとします。この場合、慰謝料の支払いも免責決定によって途絶えるかもしれないと考える人もいるでしょう。実は慰謝料の支払いが継続されるかどうかは、ケースバイケースです。

破産法の中で、免責決定を受けても支払い義務の残る債権を非免責債権といいます。この非免責債権の中の一つに、悪意による不法行為による損害賠償請求権が含まれます。慰謝料の大本に「悪意による不法行為」が含まれている場合、非免責債権に認定されます。例えば先ほど紹介した、不貞行為による離婚などは悪意による不法行為に該当しないかもしれません。というのも不倫や浮気は配偶者を傷つけようと思って行うというよりも、己の欲に従って行う行為だからです。

では「悪意による不法行為」の慰謝料にはどのようなものがあるでしょうか?代表的な事例として、いわゆるDVがあります。これは明らかに配偶者を積極的に傷つける行為であることは間違いないです。DVや家庭内暴力による離婚で発生した慰謝料の場合、自己破産しても引き続き支払うように請求されると思います。

ただしこの慰謝料が非免責債権に含まれるかどうかは、微妙な所があります。裁判所によって、ケースバイケースで判断されることが多いです。もし自己破産することになって、慰謝料の支払い義務がある場合には、弁護士に慰謝料の取り扱いがどうなるのか相談してみると良いと思います。非免責債権に該当する慰謝料でも、自己破産で免責を受けた後も引き続き支払いが厳しいという人もいるでしょう。その場合には、減額を申し出ることも可能です。慰謝料の支払いが自己破産後も請求されて厳しい思いをしている人は、引き続き弁護士に善後策の相談をしましょう。