債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の任意整理をするとクレジットカードは使えない?

任意整理をした場合、信用情報機関で事故情報が登録されます。いわゆるブラックリストに載った状態で、こうなってしまうとカードやローンを利用することはまずできません。現在お手持ちのクレジットカードも、使えなくなる公算は高いと思います。

クレジットカードは入会時だけでなく、その後も定期的に信用力に変化がないか審査を実施しています。もちろん信用情報機関に照会して、信用調査を実施しています。もし事故情報の記載されていることが判明すれば、強制解約される可能性は高いでしょう。ただしこの審査ですが、カード会社によって異なりますが数か月から半年くらいのペースで実施しています。もしかすると任意整理をしても当面はクレジットカードが使える可能性もあります。

通常この信用情報の見直しをした段階で、任意整理をすればクレジットカードは使えなくなると思います。しかしあくまでもレアケースではありますが、もしかするとクレジットカードを引き続き使える可能性もなくはないようです。これはあくまでもカード会社の考え方によるので、絶対にそうだとは言えませんが、まず任意整理の時にカード会社の支払いを整理の対象にしなかったときです。そのうえで、もともと借入額が少なく、過去に一度も支払いの延滞など問題が見られない場合には、更新を認めてくれることもあるかもしれません。しかし、あくまでもケースバイケースなので、何とも言えないです。

ただしクレジットカードがカード会社の定期チェックの後でも引き続き使えるというのは、そんなに頻繁に起きる事例ではありません。ですから任意整理による債務整理を選択した場合には、当面はショッピングや決済はすべて現金で行うように心がけた方が良いと思います。今では多くの支払いをクレジットカードでできて利便性が高いですし、現金払いに変えると不便に感じるかもしれません。しかし事故情報のなくなるまでの5~7年間は現金生活になると思いますから、早めに慣れておくと良いでしょう。