債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の過払い金請求した場合の弁護士費用

弁護士に債務整理の依頼をして、利息の引き直し計算をした結果、過払い金が発生していた場合、債権者側に返還請求ができます。この返還請求や債権者側との交渉を弁護士に任せることも可能です。では弁護士に依頼した場合、どの程度の費用が掛かるでしょうか?弁護士費用ですが、大きく着手金と基本報酬、過払い金返還報酬の3つの項目によって構成されています。

着手金ですが、結果に関係なく支払う初期費用のことです。貸金業者1件当たり1~2万円といったところが相場のようです。しかし最近では着手金無料としている事務所も増えていると思います。なるべく無駄な費用をかけたくないと思っているのなら、着手金ゼロの弁護士事務所に依頼することです。

基本報酬は、もし裁判で勝訴するとか債権者側と和解した場合の、いわば成功報酬のようなものです。これは過払い金がいくら返還されたかに関係なく、貸金業者1件当たりいくらと一律です。だいたい2万円といったところが相場になるようです。

最後の過払い金返還報酬ですが、これは回収した過払い金に一定の割合で支払う報酬になります。この報酬金額ですが、少し弁護士事務所によって幅があるようです。もし弁護士事務所を過払い金返還報酬で探すのであれば、20%が一つのラインになると思って下さい。日弁連では、過払い金返還報酬に関してルールを制定しています。和解の場合には、回収した金額の20%、訴訟をした場合には25%を上限としていますので、こちらも参考にしてみるといいと思います。

普段あまり弁護士にいろいろな法律問題をお願いしないという人も多いと思います。ですから弁護士費用に関して、ピンと来ないという人も多いでしょう。そこで実際に依頼する前に、過払い金返還をお願いするにあたって、どの程度の金額が必要かをきちんと確認しておきましょう。分からないことがあればどんな細かいことでもどんどん質問して、疑問点のないようにしておくと良いと思います。