債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の自己破産手続き開始前の破産審尋

自己破産による債務整理を選択する場合、必要な書類をすべてまとめて裁判所で申し立て手続きを始めます。申し立てを裁判所が受理すると、破産審尋が行われることがあります。なぜ自己破産せざるを得なかったのか、裁判所が債務者当人から事情を聴く必要があると判断した場合です。この時、裁判所から出頭するように命じられますから、破産申立人が借金をした経緯について裁判所で説明をします。ちなみに十分な資産を持っておらず同時廃止の手続きをとる場合、裁判所への出頭を求められることはないと思います。もし弁護士を代理人としている場合、即日面接と言って、申し立てと破産審尋を同じ日に行うことも可能です。一気に手続きを進められるので、免責決定が下りるまでの時間を短縮できます。

破産申し立ての書類や破産審尋を見た結果、「自己破産やむなし」と裁判所が判断すれば、破産手続きが開始されます。破産手続き開始が決定されると、官報に皆さんの名前は破産者として公告されます。知り合いに見られる可能性もゼロではありませんが、官報を一般の方で逐一チェックをしている人はそう多くないと思います。ですから官報に掲載されることで、家族や知人に自己破産手続きをしていることがバレる心配はしなくても良いと思います。

破産手続きが開始されると、もしかすると貸金業者から「融資を受けませんか?」というような電話がかかってくるかもしれません。このような連絡を受けても、決して相手の話に乗らないことです。このような電話をかけてくるのは、いわゆるヤミ金業者だからです。

通常は自己破産手続きをした段階で事故情報が信用情報に登録され、ローンもカードも利用できなくなります。そこでお金に困っているすきをついてヤミ金業者がスッと入ってくるわけです。そして高利で利息を巻き上げて、お金を搾り取れるだけ搾り取ります。ヤミ金業者は官報をチェックしていて、破産者をターゲットにする傾向がありますから注意してください。