債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理手続きの中で過払い金があった!返還請求するとブラックリスト入り?

債務整理の手続きの中で、利息の引き直し計算は、どの弁護士事務所でも行います。その中で過払い金が発生しているのなら、返還請求する権利は債務者にあります。しかし債務者の中には、請求を躊躇する人も多いようです。その理由として、「過払い金の返還請求をするとブラックリストに載ってしまうのでは?」という不安です。ブラックリスト入りすると、クレジットカードやローンが何年間も利用できなくなります。これはけっこう不便だと思います。

過払い金請求した場合、ブラックリストに載るかどうかはケースバイケースです。まず過払い金請求することそのものは、ブラックリストに入る要因ではありません。そもそも自分の持ち金を返還するように請求する手続きです。当たり前の権利を行使しているだけですから、ブラック情報になるわけがないです。2010年には金融庁が、過払い金請求の履歴は個人信用情報に載せないことという通達を出しているくらいです。

ただ問題なのは、過払い金請求をした後、借金がどうなるかです。もし過払い金で残債を完済できれば、過払い金請求しただけなのでブラックリストに載ることはありません。しかしもし過払い金請求して元金に充当しても借金が残ると、これはブラックリストに入ってしまいます。債務がなくならないということは、過払い金返還請求でいわば債務整理をしたことになります。債務整理は個人信用情報に事故情報として登録する項目なので、ブラックリストに載ってしまうわけです。

過払い金が発生していると言われても、安易に請求をしないことです。その過払い金できちんと借金が返済できるかどうか、弁護士と確認のうえ、次なる手段を考えることです。長期返済をしている人の場合、過払い金もそれなりに発生している可能性は高いです。過去の事例では100万円以上の過払い金が戻ってきたケースもあります。過払い金があるかどうか気になるようであれば、とりあえず利息の引き直し計算をすると良いと思います。もちろん計算するだけなら、事故情報にはなりません。