債務整理で借金をなくす
|専門の弁護士、司法書士

債務整理の自己破産には同時廃止と管財事件がある

債務整理の中でも、どのようにしても返済計画がままならないのであれば、自己破産を選択せざるを得なくなるかもしれません。自己破産は、債務をチャラにする究極の債務整理ともよく言われます。自己破産をする場合、その中でも2パターンがあることを頭に入れておいた方が良いと思います。それは同時廃止と管財事件です。

通常債務整理では、債務者の所有している財産を債権者に処分して、それでもなお借金が残る場合、その部分の返済義務がなくなります。しかし中には、そもそも処分できる資産を持っていない人もいます。この場合、債権者への配当手続きをカットして自己破産手続きを進めます。これが同時廃止です。一般的に20万円分の資産や財産を持っているかどうかで判断されます。20万円分の資産を身の回りのものを除き持っていなければ、同時廃止手続きになります。

もし20万円以上の価値のある資産を所有している場合には、いったんその財産を債権者側に処分します。この手続きのことを管財事件と言います。管財事件になると、破産管財人が選任され、債務者の持っている資産を現金化して、債権者に配当していきます。この債権者の配当の手続き分、同時廃止と比較すると自己破産手続きが完了するまでに時間がかかります。同時廃止の場合、4か月くらいで免責決定まで行けると思います。ところが管財事件の場合、少なく見積もっても半年程度かかりますし、資産の処分に手こずった場合には1年近く免責決定を勝ち取るまで時間がかかるかもしれません。

同時廃止と管財事件のいずれになるかは、資産状況ともう一つ、なぜ自己破産に至ったのかもポイントになるようです。ギャンブルや浪費の場合、免責不許可事由に該当します。このような場合には、たとえ20万円に満たない資産しか持っていなかったとしても、管財事件になる可能性があります。事情などを調査するために、破産管財人が選任されるわけです。ただしこれもケースバイケースなので、弁護士や司法書士に相談するのが良いかと思われます。